音楽

2012年12月19日 (水)

第1744回 N響定期公演

寒いけど好きな季節です。こんなん大好きなんですよ(笑)。
01_p1280746

02_p1280750


さてさて、今年最後のN響です。豪華なプログラムですよ♪

第1744回 NHK交響楽団定期公演
Bプログラム2日目
2012年12月13日(木) 19時開演
サントリーホール 大ホール

03_p1280759

指揮/シャルル・デュトワ
尺八/柿堺 香
琵琶/中村 鶴城
ヴァイオリン/ワディム・レーピン
コンサートマスター/堀 正文

武満 徹/ノヴェンバー・ステップス(1967)
シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品 47
休憩
ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」


武満徹「ノヴェンバー・ステップス」、尺八と琵琶、この異質の音がね、緊張感の中、なんとも素敵にオーケストラから創出されるんですよ。柿堺さんと中村さんの凛とした姿がとても素敵でした。私ごときがなんですが誇らしかった。
そして、デュトワ氏、レーピン氏、N響。素晴らしい。少し早めの素敵なクリスマスプレセントをいただいた気分♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

響きの森クラシック・シリーズ Vol.42

さぁ、「第九」です。
「響きの森クラシック・シリーズ」、“小林研一郎指揮のベートーヴェン交響曲シリーズと豪華ソリスト陣による夢の饗宴”第3弾です。

01_p1280715


フレッシュ名曲コンサート
響きの森クラシック・シリーズ Vol.42
2012年12月8日(土) 15:00開演
文京シビックホール 大ホール
東京フィルハーモニー交響楽団

ベートーヴェン : 交響曲第9番 ニ短調 「合唱付」 op.125

指揮 : 小林 研一郎
ソプラノ : 市原 愛
アルト : 山下 牧子
テノール : 大槻 孝志
バリトン : 青戸 知
合唱 : 東京オペラシンガーズ


炎のコバケンさんらしい、激しく熱い「第九」でした。熱いコバケンさんに出演者全員が引っ張られ熱くなり一体となり素晴らしい演奏となる。いや~ホント素晴らしかった。ブラボー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

第1741回 N響定期公演

ただただ好きです。クラシック音楽。

第1741回 NHK交響楽団定期公演
Bプログラム2日目
2012年11月22日(木) 19時開演
サントリーホール 大ホール

01_p1270983

指揮/エド・デ・ワールト
ヴァイオリン/ジャニーヌ・ヤンセン
ゲスト・コンサートマスター/ダンカン・リデル

メンデルスゾーン/序曲 「フィンガルの洞窟」 作品 26
ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品 26
休憩
R.シュトラウス/家庭交響曲 作品 53

02_p1270981


ヤンセンさんのヴァイオリン、のびやかで優雅で正確でとても素敵でした。それにとても美人。今回もN響らしい演奏で満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

第1738回 N響定期公演

巨匠ロリン・マゼール氏とウィーン・フィル首席クラリネット奏者のダニエル・オッテンザマー氏の登場です。お二人とも初N響とのこと。なんとも贅沢な。幸せ。

第1738回 NHK交響楽団定期公演
Bプログラム2日目
2012年10月25日(木) 19時開演
サントリーホール 大ホール

01_p1270009


指揮/ロリン・マゼール
クラリネット/ダニエル・オッテンザマー
ゲスト・コンサートマスター/ヴェスコ・エシュケナージ

モーツァルト/交響曲 第38番 ニ長調 K.504 「プラハ」
ウェーバー/クラリネット協奏曲 第2番 変ホ長調 作品 74
休憩
ラヴェル/スペイン狂詩曲
ラヴェル/ボレロ


期待通りのマゼール氏の指揮芸術。まさに巨匠芸術。
そして、オッテンザマー氏のクラリネットソロ、なんといいますか、本当に素晴らしい血筋、才能、育ち・・・なんてのは素直に受け入れられるものですな(笑)オッテンザマー氏の演奏はスマートで品よく美しく心地よく・・・素敵なんだなぁ。それにとてもハンサム。父エルンスト氏もウィーン・フィルの首席クラリネット奏者を務められ弟アンドレアス氏はベルリン・フィルの首席奏者ですって。ホントとても素敵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月30日 (日)

第1735回 N響定期公演

今シーズンもB定期会員でN響を楽しめることになりました。幸せでございます。
さてさて、今シーズン開幕はアンドレ・プレヴィン氏の登場です。プレヴィン氏が“もっとも愛する作曲家”とおっしゃるモーツァルトの最初の交響曲と最後の交響曲に、“交響曲の父”ハイドンの第102番というプログラム。楽しそう♪

第1735回 NHK交響楽団定期公演
Bプログラム2日目
2012年9月27日(木) 19時開演
サントリーホール 大ホール

01_p1250725


指揮/アンドレ・プレヴィン
コンサートマスター/堀 正文

モーツァルト/交響曲 第1番 変ホ長調 K.16
モーツァルト/交響曲 第41番 ハ長調 K.551 「ジュピター」
休憩
ハイドン/交響曲 第102番 変ロ長調 Hob.I-102


プレヴィン氏の演奏は、心地よく味わい深く明快で・・・素敵なんですよ。何と言いますか、安心感に満たされるんですな。気持ちが優しく素直になれる感じ。
今回は、杖をついてサポートの方に支えられての登場でした。昨年よりお元気そうで安心いたしました。まだまだ聴かせていただきたいです。尊敬、大好きな指揮者のお一人です。
そして、やはりN響は素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

響きの森クラシック・シリーズ Vol.41

「響きの森クラシック・シリーズ」、“小林研一郎指揮のベートーヴェン交響曲シリーズと豪華ソリスト陣による夢の饗宴”第二弾です。楽しみにしておりました。

01_p1250636


響きの森クラシック・シリーズ Vol.41
2012年9月22日(土) 15:00開演
文京シビックホール 大ホール
東京フィルハーモニー交響楽団
指揮 : 小林 研一郎
ピアノ : ユンディ・リ →上原 彩子

チャイコフスキー : ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 op.23
休憩
ベートーヴェン : 交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 op.55


中国人ピアニスト、ユンディ・リさんが中国政府の行政指導により来日できなくなり、上原彩子さんの代演となりました。結局こんなことになってしまうのですよね。とても残念です。ユンディさんのピアノ、とても楽しみにしていたのに・・・
しかしながら、上原 彩子さんのチャイコフスキーが聴けるなんてのもこれまた楽しみ、贅沢♪力強く、繊細、美しい上原さんの演奏、その集中力に聴く方の緊張感もより高まっていきます。まさに感動です。ブラボーです。期待通りの素晴らしい演奏でした。大好きなチャイコフスキーの ピアノ協奏曲第1番を上原さんの素晴らしい演奏で聴けて、この上なく幸せでございました。
そしてやっぱりコバケンさん、東フィル。ブラボー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

ストラディヴァリウス・コンサート 2012

気分的に秋は特に音楽、それもクラシックなんてのがいい。随分前からチケットを取りとても楽しみにしていた「ストラディヴァリウス・コンサート 2012」。

01_p1250088

ストラディヴァリウス・コンサート 2012
2012年9月10日(月) 19時開演
サントリーホール 大ホール

出演/東京クヮルテット(ヴァイオリン:マーティン・ビーヴァー、池田 菊衛、ヴィオラ:磯村 和英、チェロ:クライヴ・グリーンスミス)
ヴァイオリン:レイ・チェン、ヴィヴィアン・ハーグナー、セルゲイ・ハチャトゥリアン、有希・マヌエラ・ヤンケ
チェロ:石坂 団十郎
ピアノ:江口 玲

曲目/ドヴォルジャーク:2つのヴァイオリンとヴィオラのための三重奏曲「テルツェット」 ハ長調 作品74
ラヴェル:弦楽四重奏曲 へ長調から 第二楽章
モシュコフスキ:2つのヴァイオリンとピアノのための組曲 ト短調 作品71
ラヴェル:ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 変ホ長調 作品20


素晴らしい演奏家の素晴らしい音色を素晴らしいホールで聴ける幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

井上陽水 LIVE 2012 Hello,Goodbye

大好きなんですよ、井上陽水。
やっとこさ、手にしたチケットです。

井上陽水 LIVE 2012 Hello,Goodbye
2012年7月12日(木) 19時開演
東京国際フォーラム ホールA

01_213048


全23曲、最高でした。老若男女、幅広いファン層です。皆さんそれぞれ思い入れのある歌なんてのがあるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

山下洋輔 スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2012

久しぶりのジャズ、久しぶりの山下洋輔さん。

山下洋輔 スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2012
ゲスト:茂木大輔(Oboe)
2012年7月6日(金) 19時開演
サントリーホール 大ホール

01_212215


もう無条件に楽しかった!
ジャズだろうがクラシックだろうが山下さんの音楽なんです!
ゲストのN響首席オーボエ奏者 茂木大輔さん、山下さんのこと大好きなんですね。ずい分長い間の追っかけらしいです(笑)。皆さん素敵で素晴らしい演奏だったけど、ニューヨークから呼ばれたというドラマーの高橋さん、特に素晴らしかったなぁ。カッコ良かったなぁ。近々どこかで演奏予定なんてあるのかしら?行きたいなぁ。

関係ないことだけど、会場で椎名誠さんをお見かけしてちょっと興奮(笑)ファンなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

第1732回 N響定期公演

今シーズン最後のN響は、オールシューマン。

第1732回 NHK交響楽団定期公演
Bプログラム2日目
2012年6月21日(木) 19時開演
サントリーホール 大ホール

01_115150

指揮/ウラディーミル・アシュケナージ
ヴァイオリン/アナ・チュマチェンコ
コンサートマスター/堀 正文

シューマン/「マンフレッド」 序曲
シューマン/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
休憩
シューマン/交響曲 第4番 ニ短調 作品 120


チュマチェンコさんの演奏は繊細で美しくて優しくて奥ゆかしくて・・・私なんぞでもその音色に大感動。なんでも本当にすごい人っているのですね。
アシュケナージさん、N響、やっぱり素晴らしいですね。
今シーズン最後のN響は今シーズンベストワン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧